ロレックス買取相場.com|ココが金字塔!リアルな口コミ業者rank TOP査定のポイント >売る前の修理

ロレックス買取前に修理すべき?

お手元のロレックスを買取してもらう前に、した方が良いこととしなくても良いことがあります。例えば、修理。私が売りたかったのは30年年も前に購入したロレックスでしたので、悩みました。止まっているロレックスよりピカピカできちんと動いているロレックスの方が査定員への印象が良いのでは、と。そこで、ロレックス買取前に修理をした方が良いのかどうか、メリットやデメリットはあるのかどうか調べたので、まとめておきます。

結論から言うと、修理はしなくて良いです。止まったままのロレックスでも大抵の場合買取してもらうことができます。電池交換や修理も何万円という費用がかかる場合がありますし、修理してから買取してもらおうというのであれば、買取してもらえるのが数か月先になってしまうというデメリットもあります。

壊れてはいないけれど、クリーニングは必要なのではないか?と思われるかもしれません。古着を売るならクリーニングに出してから、というのは常識ですからね。時計も同様と考えるのであれば、ロレックスのクリーニング、つまりオーバーホールは必要なのでしょうか?私は、しなくて良いと思いますし、しないまま買取してもらいました。緻密で高級な時計ほど、中の部品までチェックしてもらうとピカピカになるのですが、オーバーホールは結構費用が高いです。20万円くらいすることもしばしばあります。この金額をロレックス買取業者が提示している買取実績と比較すると、オーバーホールしていると収支がマイナスになる可能性もあるので、オーバーホールまではしなくて良いでしょう。

ただし、オーバーホールを無事してもらうことができたということは、ロレックスの正規品であるという証明にもなりますので、この点においてはメリットがあるといえます。今すぐは売らないけれど、いつか売るかもしれないという方は、オーバーホールしてもらう機会がありましたらそのときの保証書は大切にとっておきましょう。